不動産プロフェッショナルが読む専門紙「住宅新報」 -広告掲載のご案内-

Menu

住宅新報

不動産プロフェッショナルが読む専門紙

「住宅新報」は住宅・不動産業界を総合的にとられる専門紙です。少子高齢化問題など時代のテーマを徹底追求する記事、現場で活躍する営業マン向けビジネス情報、東京都心や郊外の最新の家賃相場、また、宅建主任者など資格取得のセミナーページを常設し、企業トップから個人投資家まで「人」に光を当てた記事など、不動産ビジネスに役立つ記事が満載です。

住宅新報
出典-住宅新報web
◆媒体概要
  • <発行元>㈱住宅新報
  • <発行部数>95,000部
  • <発行形態>週刊紙
  • <判型>ブランケット判
  • <発売日>毎週火曜日
◆媒体特性
  • <職業>
  • 総合不動産業:39.9%
  • 不動産仲介業:14.5%
  • その他個人:12.8%
  • その他一般企業:7.7%
  • 金融機関:6%
  • 不動産賃貸業:5.7%
  • 不動産専門職:4.6%
  • 建設・工務店:3.7%
  • ハウスメーカー:2.8%
  • 不動産管理業:2.3%
  • <地域>
  • 関東甲信越:70.2%
  • 中部・近畿:18.6%
  • 中国・四国・九州:6.4%
  • 北海道・東北・北陸:4.8%
◆広告料金と原稿サイズ(広告料金には別途消費税が加算されます。)
  • 駒広告
  • スペース
    料金
    原稿サイズ
  • 全15段
    1,732,500
    534×385
  • 全10段
    1,237,500
    354×385
  • 全7段
    900,900
    247×385
  • 7段1/2
    485,100
    247×191
  • 全5段
    660,000
    175×385
  • 5段1/2
    371,300
    175×191
  • 全4段
    541,200
    -×385
  • 全3段
    430,700
    104×385
  • 3段1/2
    232,700
    104×191
  • 全2段
    306,900
    -×385
  • 2段1/2
    158,400
    -×191
  • 1段1/2
    82,500
    -×191
  • 一面指定
  • スペース
    料金
    原稿サイズ
  • 題字脇
    110,000
    32×70
  • 突出し
    114,000
    68×52
  • マド
    140,000
    86×60
  • ハサミ
    101,000
    41×91
  • 下段全3段
    762,000
    102×385
  • 記事面指定
  • スペース
    料金
    原稿サイズ
  • 15段1/3
    955,500
    534×126
  • コマド
    20,000
    40×20
  • ハサミ
    89,000
    41×91
  • 突出し
    96,000
    86×60
  • 大型突出し
    223,000
    131×86
  • 最終面指定
  • スペース
    料金
    原稿サイズ
  • 題字脇
    104,500
    32×70
  • 突出し
    103,000
    86×60
  • ハサミ
    96,000
    41×91
  • 大型突出し
    24,000
    131×86
  • 全5段
    1,034,000
    175×385
  • ※加算料金 単色付:260,000円 多色付:775,000円
  • ※指定面の広告は出稿回数に制限があります。

パブリシティー広告

  • スペース
    料金
    原稿サイズ(mm)
  • 記事3段 1/3相当
    200,000
    128×126
  • 記事4段 1/3相当
    250,000
    172×126
  • 記事5段 1/3相当
    300,000
    214×126
  • 記事下全7段
    1,126,000
    247×385
  • 全面記事広告
    2,200,000
    534×385

物件広告

  • 料金/1物件
    原稿サイズ(mm)
  • 3,000
    8×120
  • ※物件広告における取り扱いは売買・賃貸に関わる不動産物件(土地、戸建住宅、マンション、アパート、オフィスビル、店舗、商業施設、収益物件など)。