日本の建築マーケットを最大限にカバーしている最強メディア「日経アーキテクチュア」 -広告掲載のご案内-

Menu

日経アーキテクチュア

日本の建築マーケットを最大限にカバーしている最強メディア

建築物の設計、施工、工事監理を担当する一級建築士と建築実務家に向けた総合情報誌。建築専門誌で唯一、年間予約購読・自宅直送方式を採る。デザイン・プランニング、技術動向、建築の社会、経済、法律問題を柱に文化的、国際的視点から編集し、建築専門家の記事や広告に対する高い注目度を集めている。発行部数は、建築分野第1位。

日経アーキテクチュア
出典-NIKKEI BP AD WEB
◆媒体概要
  • <発行元>日経BP社
  • <発行形態>隔週刊雑誌
  • <創刊>1976年(昭和51年)
  • <発行部数>27,967部(2017年ABC部数)
  • <発行日>第2・4月曜日発行
  • <判型>A4変型
◆媒体特性
  • <担当業務>
  • 建築設計・監理:57.7%
  • 調査・計画:17%
  • 経営・管理:11.8%
  • 建築積算・見積:10.2%
  • 建物管理・営繕:9.4%
  • 建築施工管理:9.2%
  • インテリアデザイン:7.4%
  • 住宅のリフォーム:7.4%
  • 研究・技術開発、教育:6.8%
  • 行政:5.7%
  • 構造設計:5.4%
  • 建築プロデュース:5.2%
  • 建築の営業:5%
  • 非住宅のリノベーション:4.1%
  • 都市計画:3.9%
  • 設備設計:2.4%
  • 建材・設備機器などの営業:1.7%
  • 土木設計:1.3%
  • ビル・庁舎など建物の発注:1.1%
  • 資材調達:0.9%
  • 照明計画・デザイン:0.7%
  • 土木積算・見積:0.7%
  • 土木施工管理:0.2%
  • <保有資格>
  • 一級建築士:75.8%
  • 一級建築施工管理技士:15.4%
  • 二級建築士・木造建築士:19.5%
  • 福祉住環境コーディネーター:12.1%
  • 技術士・技術士補:4.5%
  • インテリアプランナー:3.9%
  • インテリアコーディネーター:3.7%
  • ファシリティマネジャー:3.2%
  • 積算士※2:2.8%
  • 二級建築施工管理技士:2.2%
  • 建築設備士:2.2%
  • 測量士・測量士補:1.9%
  • マンション管理士:1.9%
  • 電気工事士:1.5%
◆広告料金と原稿サイズ (広告料金には別途消費税が加算されます。)
  • スペース
    料金(円)
    原稿サイズ(mm)
  • 4色
  • 表4  
    1,474,000
    255×210
  • 表2 見開き  
    2,508,000
    280×420
  • 表3  
    1,107,000
    280×210
  • 第1 目次対向  
    1,188,000
    280×210
  • 第2 目次対向  
    1,166,000
    280×210
  • 1ページ  
    1,070,000
    280×210
  • 2/3ページ  
    657,000
    255×115
  • 横1/2ページ  
    500,000
    125×180
  • 縦1/3ページ  
    348,000
    255×55
  • 2色
  • 1ページ  
    885,000
    280×210
  • 白黒
  • 1ページ  
    738,000
    280×210
  • 2/3ページ  
    503,000
    255×115
  • 横1/2ページ  
    389,000
    125×180
  • 縦1/3ページ  
    268,000
    255×55
  • ※上記料金は1回料金です。回数により割引料金があります
  • ※価格は2019年版の価格です。

綴じ込みはがき

  • 料金(円)
  • 白黒×白黒
    960,000