大日広告社

SECURITY SHOW 2021 (第29回 セキュリティ・安全管理総合展)

<本サイトは出展申し込みを取り扱っている大日広告社のサイトです>

- 防犯カメラやオフィスの入退管理、警備システム、テロ対策、情報セキュリティなど「安全・安心」を守る製品・サービスを紹介するセキュリティ総合展-

開催概要

名称 SECURITY SHOW 2021 (第29回 セキュリティ・安全管理総合展)
日時 2021年3月9日(火)~12日(金)※4日間
会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」南ホール
来場予定者数 60,000人(リテールテックJAPANとの合計、見込み)
出展規模 100社・300小間(見込み)
主催 日本経済新聞社
同時・合同開催
入場登録料 3,000円(税込) ※同時開催の展示会と共通

特徴

国内外有数のセキュリティ関連企業が出展

セキュリティの専門展として25年を超える歴史を持つ「SECURITY SHOW」には、日本を代表するセキュリティ関連企業が出展します。また、日本のセキュリティ市場を代表する展示会として国際的にも認知されています。

出展対象

総合セキュリティゾーン

総合的なセキュリティシステムの提案や複数のソリューションを紹介するエリアです。
  • 防犯カメラ
  • 防犯建物部品
  • センサー
  • アラーム
  • テロ対策
  • ホームセキュリティ

ネットワークカメラ&クラウドゾーン

ネットワークに対応した映像セキュリティ機器や、クラウド上で映像を管理するサービスのエリアです。

AI・映像解析ゾーン

AI技術を応用した画像認識や映像解析、セキュリティ分野にとどまらない各種用途の産業用カメラ、画像処理装置など、画像・映像に関連する最先端の機器と技術を展示するエリアです。

災害対策ゾーン

災害時の防災拠点としても重要性が高まっている、オフィスや店舗向けの災害対策製品を展示するエリアです。

IoT・情報セキュリティゾーン

組織のセキュリティを考える上で欠かすことの出来ない情報セキュリティ製品と、IoT機器をサイバー攻撃から守るソリューションを展示するエリアです。

店舗・オフィスセキュリティゾーン

流通・小売・飲食業を来場対象とするセキュリティ関連製品を展示するエリアです。

出展料金

1小間 間口:2,930mm(内寸) 奥行き:2,950mm(内寸) 高さ:2,700mm

1小間
430,000円(税込み 473,000円)
2小間~11小間
390,000円(税込み 429,000円)
12小間以上
370,000円(税込み 407,000円)

開催までの流れ

2020年10月16日(金) 出展申込締切
11月30日(月) 出展料金入金締切
12月2日(水) 小間抽選・説明会
2021年3月6日(土)~8日(月) 搬入日
2020年3月9日(火)~12日(金) SECURITY SHOW 2021 (第29回 セキュリティ・安全管理総合展)

【出展申込の取り消しおよび出展契約の解約】

出展者の事情により、出展の全部または一部の取り消し、解約をする場合、出展者は主催者が認める方法で主催者に届け出たうえ、キャンセル料として請求金額の全額を主催者に支払わなければなりません。

新型コロナウイルス感染症の拡大等、不可抗力により本展示会の開催中止や会期短縮を主催者が判断した場合、以下のとおり出展料金を返金します。

  • 2020年12月31日(木)まで:出展料金の100%
  • 2021年1月1日(金)から2月14日(日)まで:出展料金の80%
  • 2021年2月15日(月)から3月5日(金)まで:出展料金の70%
  • 2021年3月6日(土)から8日(月)まで:出展料金の50%
  • 2021年3月9日(火)から12日(金)まで:出展料金の0%

-おすすめ雑誌・新聞-

施設・企業の警備に関心を持つ読者から人気と信頼のあるメディアを多数取り扱い。
専門誌や業界新聞を活用してブース出展の告知と集客広告、展示会終了後のフォローを進めましょう!

各媒体を使った広報活動も全力サポートいたします。大日広告社では、セキュリティ業界の広報活動も支援いたします。

株式会社大日広告社(http://www.dainichiad.co.jp/)